みんなの会 岡山市北区下伊福西町1-53 ● みんなの家ななくさ 岡山市北区西崎本町1-7 ● みんなの家かるがも  岡山市南区浦安本町158

野菜汁

|20年11月27日 |中島 |

26日、木曜日。6時間余り熟睡の朝、いつものように朝風呂で身支度。池の鯉と鴨たちにパンをあげます。鴨が戻ってきていました。

新事務所へ。雑務。みんなの家ななくさの住宅さん、来所。この日は、少し緊張感を伴う利用者さんとの話し合いがあつて、などと様子を聞かせてもらいます。

奉還町のパサージュまで歩いて少し食材を買ってきます。炊き込みご飯、コープの瓶詰の素に豚肉と大豆を足して炊飯。89歳間近の明石さん、来所。革新懇事務所に立ち寄って、郵便の宛先の整理を求めてきた、その帰りだといいます。珈琲を落として雑談。少し耳が遠くなっておられるのでこちらの声も大きくなります。桜を見る会の前夜祭の件の話にもなります。今になって読売新聞のスプークだけに、権力内での抗争もあるのかとみるのが妥当などと話し合います。明石さん、日本学術会議問題、放っては置けない問題だと強調でした。

炊き込みご飯と野菜汁で昼食。野菜汁に、亡きぽん友が好きだった鶏肉・せせり肉を入れたのが、いい味に仕上げてくれているようでした。

午後、愛車タントで出発。二つの相談にそれぞれ対応。市民劇場にはいけず。合間に、朝どれ卵のお店に走りますが、もう売れきれ。親鳥の少し硬めのお肉をゲット。すぐ隣のお店で愛宕梨などどを手に入れて夕方、7時半過ぎに帰宅でした。

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

みんなの家、10月末までの会計チェック

|20年11月26日 |中島 |

2017/11/27 15:14

25日、水曜日。朝、いつものように朝風呂で身支度。池の鯉たちにパンを。この日は鴨たちがいない、どこへ行ったやらと気になります。

新事務所へ。雑務。みんなの家ななくさの住宅さん、来所。ご近所の建物の利用についてあれこれ。介護保障についての情報発信の場にならないものか、などと。田中青年、来所。民主会館に届いた郵便物など持参してくれます。三門革新懇の新春旗開きの日程の設定について役員の人たちと相談してもらうように提案。県人権連、人権岡山、みかどの会のとりくみなどについて聞かせてもらいます。

スーパーニシナに歩きます。食材を仕入れて、寄せ鍋出汁にあれこれ放り込んで昼食です。

午後、税理士事務所のKさん、来所。3つのみんなの家の会計、10月までチェックしてもらい、年度末までの見込みを示してくれます。まさに予算通り、冬の賞与は昨年並みに、3月賞与の総額が前年より増えるということになりそうです。事務局の安田さんが50人ほどのスタッフさんたちから集めた年末調整用紙を手渡していました。

民医連県連事務局長に10月末までの損益計算書をメールで送付。素早く返信が届きます。事務局長も、コロナ禍で出張もなくなって事務所にいることが多くなっているのだと思います。みんなの家だんだんの事務的な整理で出てきてくれていた池田さん、「介護職員処遇改善加算申請」と職員研修計画の関係はと問いかけられます。ファイルを開いて2020年4月に提出した申請書等再確認でした。

夕方、岡山駅西口に車を停めて、少し歩きます。サンステの丸善に出向き、岩波ブックレットと図書カードを購入です。隣のレジに並んだ背広姿の青年は漫画本を数冊を差し出して、領収書をと言っています。これが噂の、鬼滅の刃、なのかなとふと思ったり。サンステ北館で、連れ合いが地元の会議で遅くなるので夕食のおかずを。新事務所に帰ります。自宅に帰った連れ合いからのラインが8時過ぎ。お腹がすいた、と帰宅でした。

 

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

ハローワークへ

|20年11月25日 |中島 |

2013/11/25 7:09

24日、連休明けの火曜日。少し晩秋らしい気温に戻ってきて気持ちよい朝。いつものように朝風呂で身支度、池の鯉と2羽の鴨にパンをあげてから新事務所へ。

コンビニまで歩いて食パンなどを買ってきます。雑務。「NPO法人岡山県高齢者・障害者支援ネット」で成年後見を受任しているMさんのいるグループホームの世話人の方に電話。前日、故郷に出かけて行かれたMさん、無事に元気で帰られているかと問いあわせです。ひと安心でした。

愛車タントで事務所をでてまずはガソリンスタンドで満タンに。岡山ハローワークへ走ります。みんなの家だんだんの調理員さんの募集です。窓口担当の方が気さくな方で、いろんな職で求人に来られることを楽しんでいるような雰囲気がします。募集した調理員さんの年齢は不問としたことにかかわり、介護の現場では元気な高齢者の方たちが働いていることが利用者さんたちにも好影響なんですよ、と話につながります。もちろん若い方が定着してくれることも必要なんです、と続くのです。

大野辻のコープのお店に寄って食料品を少し補充です。新事務所に帰り、野菜炒めで昼ご飯です。

午後、少し休憩。あれこれ書類や書籍に目を通します。夕方4時前には三門小学校へ。緑色の帽子をかぶりチョッキを着て青色パトロールに。3人で軽四を走らせて40分。三門学区の公園、遊園地をまわってきます。小さな子どもとお母さんがひだまりで楽しんでいます。中学生も数人で晩秋の温もりを味わっている感じでした。山茶花が素敵な花を咲かせていました。

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

20年前のこと

|20年11月24日 |中島 |

23日、月曜日。勤労感謝の日。いつものように新事務所へ。

雑務。みんなの家ななくさの住宅さん、来所。前日の夜に頭が痛いと訴えられた利用者さんを彼女が病院へ運んで診察してもらった結果、帯状疱疹だったと。病院の待合で権利擁護センター・ぱあとなあのIさんに会ったよ、と教えてくれます。後見制度の後見人さんの役割もたいへんなのね、と感想も。

1998年前後から取り組んだ「同和地区児童生徒の基礎調査(進学状況調査)」の廃止にむけた運動について、当時の『解放の道・岡山版』の縮刷版をとりだしふりかえってみます。「『基礎調査廃止』県民の会」を結成、竹内和夫岡山大学名誉教授に会長になってもらい、街頭宣伝、署名、親としての県教委への請願運動、県教委・文科省交渉など様々な運動を展開してきました。県内で8万5千余名の賛同署名、23市町村議会での廃止決議の採択など世論を動かし、国会でも林紀子参院議員の質問に有馬文部大臣が今の時期に行うことには「問題がある」と答弁、2001年7月には文科省はこの年度以降「基礎調査」は行わないと明言しています。

縮刷版を読んでいたら、次々と思い起こすことがあります。

この日は、「高齢者・障害者支援ネット」で法人後見しているMさんから電話。友達がたまたま故郷方面に行くので一緒に行ってもよいだろうか、と問いかけられます。少し注意することも伝えて了解の返事でした。しかし何かと気になるのでした。

 

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

県人権政策推進指針・素案に対して

|20年11月23日 |中島 |

21日、土曜日。いつものように新事務所へ。

雑務。民主会館へ歩きます。県人権連の会議です。第5次岡山県政策推進指針・素案に対する見解、その素案に対するパブリックコメント募集への対応、10月の岡山県との話し合いの総括と今後の課題、地域人権問題全国研究集会の開催のありようなどについて論議です。

西崎食堂でFさんと昼食を済ませて新事務所に帰ります。アジア国際センター内の韓国商工会のYさんに電話。少しお手伝いできるかもという方との面談、どうですかと問いかけです。

夕方、FさんとWさんと一緒に愛車タントで与島に走ります。途中立ち寄ったコンビニ、買い物済ませたWさんが全く知らない車のドアーをあけてしまってびっくり。それを見ていた私たちもびっくり、「ふうがわるい」と帰ってきたWさんと3人大笑いでした。与島は予測よりもきつい風と波です。当方が思っていた潮の流れにもなりません。最初は針がかりするのはフグばかり。粘って24センチのタケノコメバル、20センチと14センチの赤メバル、18センチと16センチの黒メバルの5尾を確保。3人とも貧家でした。

 

22日、日曜日。早朝の配りものを済ませて朝風呂で身支度。珈琲と果物で少しお腹を充たして新事務所へ。

雑務。前日の夕方、海にいた時間帯に電話が届いたMさん、法人で後見制度で後見している方ですが、電話を入れてこの朝に出向くことを伝えます。さきに東川原のコープのお店で買い物を済ませて、グループホームに出かけます。かつてから知り合いのNさんが玄関口に出てくれて建物に入っていくことの了解をもらい、Mさんと面談。出身自治体からの「個人番号カード未受領者」あてに届いた書類でした。最近の生活ぶりを聞かせてもらい、その書類は当方が預かることに。

新事務所に帰ります。午後からお休みの日だけれどと事務局の安田さん、来所。年末調整用の書面の整備もされていました。

パブリックコメントを募集している、第5次岡山県人権政策指針・素案に目を通します。2015年11月に素案として公表されて2016年3月に答申として出された第4次岡山県政策推進指針と比べてみます。90%は同じかほぼ同じ。5パーセントが書き加え、5パーセントが書き直し、という感じです。審議会の役割は如何に、と腹立たしくなります。委員さんたちの顔が浮かんできません。唯一わかるのがその委員長さん。かつては県教委「同和教育指導課」の席におられて「同和地区児童・生徒の基礎調査」の実施に執着された人。この審議会は「学識経験者」で構成されているといいます。第4次指針の焼き直し程度の答申に腹立たしさを覚えますが、それは審議会委員の選出の仕方、その事務局のいい加減さにも向かっていきます。

素案、課題別で変化させたところは、「女性」の項に、データを新たに付け加えたこと、その中の「男女が共に活躍する社会づくり」の内容を変化させていること、「障害のある人」の項に、基本方針が少し書き換えられ、施策の方向では企業に対する取り組みを軽んじた書き換えも行われていること、自立と社会参加の促進で「働く機会の実現と均等な待遇確保の実現を目指します」と前進していること、外国人の項に、新たな情勢について書き加えていること、様々な人権問題の項では、刑を終えて出所した人を一番最後の記述に変えたこと、などぐらいでした。

読んでいて、「差別意識」という言葉を使っているのが、「同和問題」で5か所、「刑を終えて出所した人」で1か所あるだけで、その他、女性・高齢者・子ども・障害のある人・外国人・ハンセン病問題・患者など・インターネットによる人権侵害などの項では、「人権意識」「人権感覚」「理解や支えあう意識」、「理解を促し偏見や差別の解消」などと記載されています。かつての同和問題偏重の人権政策の名残なのか、今日的意味があるのか、気になるところです。

第4次・素案に対する、2015年12月に出した、NPO法人地域人権みんなの会の見解は以下の通りです。パブリックコメント、県人権政策推進指針・第4次案に対して、2015.12.13.みんなの会

これを読んでみると、5年前も焼き直しではいけないと指摘していました。さて、今回のパブリックコメント、それこそ5年前の見解の焼き直しではいけないかなと思いつつも、しかし同じことも何回も指摘しないといけないのではと思ったり、なのです。

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

就職連事務局会議

|20年11月21日 |中島 |

20日、木曜日。いつものように新事務所へ。

雑務。前日が健診のため朝ご飯が食べられなかったからこの日の朝、バナナとヤクルト、牛乳とカレーパンでの朝食が特別に美味しく感じます。カレーパンはレンジで温め、アルミホイルで包んでトースターで焼くとパン生地までもちもちに温まっていけるのです。事務局の安田さんと短時間の打ち合わせ。コロナ感染の広がりが気になるという話も。

東川原のコープのお店で食料を手に入れ、その足で県立図書館へ。3冊返して4冊借りてきました。ちょっと「柳美里」と掲示がある書棚を見てみますが、すでに一冊も残っていませんでした。新事務所に帰り、カレーをつくり昼ご飯です。朝はカレーパンだったといいながら、炊き立てのご飯にカレーが欲しくなったのでした。

民主会館へ歩きます。岡山就職連の事務局会議。自衛隊が、希望すれば高校生宅に出向いて募集活動をしてもよい、と県教委が高校などに通知をしたことに対して改めてその問題点を論議です。また、コロナ禍で来春の新卒の就職に多大な影響が出ることになりそうな状況下、要求書の整理も検討。労働局、県労政課、教育委員会との話し合う日程なども相談でした。

そのあと、県革新懇の代表世話人会議に参加です。です。コロナ感染のひろがりと対策の問題、日本学術会議の委員任命拒否問題など情勢と課題、行動提起など論議されていきました。

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

« 前 次 »

QRコード/カウンタ

ご訪問番目

サイト内検索

最近の投稿

カテゴリー

リンク

提携機関

リンク2

記事カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

RSS みんなの家ななくさ

RSS みんなの家かるがも

メタ情報