みんなの会 岡山市北区下伊福西町1-53 ● みんなの家ななくさ 岡山市北区西崎本町1-7 ● みんなの家かるがも  岡山市南区浦安本町158

市民劇場、86歳の仲代達也さん

|19年11月17日 |中島 |

2014/11/13 6:21

16日、土曜日。朝風呂で身支度、池の鯉と鴨たちにパンを投げ入れてから新事務所へ。

雑務。みんなの家ななくさの住宅さん、来所。体調のこと、利用者さんのこと、役所へ提出の書類のことなど話し合います。

前日の政府各省との話し合いのこと、少し整理。18日からの「浅田達雄さんと行く・空飛ぶ車椅子・沖縄への旅」のことで、諸準備。辺野古新基地反対で頑張っている人たちへの支援募金を集計し手渡せるように。JU観光の杉田さんから届いた行程表を見ながらあれこれ思案です。

車で大野辻のコープのお店の向かいの屋台的なお店へ。オムライスをと思っていたのを、店員さんのお勧めでタイムサービスの醤油ラーメンに。

新事務所にかえって、少し休憩。午前中で仕事を終えた池田さん、来所。市民劇場の会費、2か月分5000円を支払です。

夕方、市民劇場の例会をみるために西大寺へ。観音院近くの旧市民会館です。無名塾の仲代達也さん主演の、ぺてん師タルチュフ、です。いただいた会報には、千田是也さんが演じていた劇、これに感銘を受けて60年越しの舞台、ということが。劇に掛けるその存在自体を感じたくて、観客席の一番前で86歳の仲代さんを拝見、でした。

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

地域のデザインを

|19年11月16日 |中島 |

15日、金曜日。東京、御茶ノ水のホテル、寿楽で朝を迎えます。

8時半にホテルをでて、地下鉄で霞が関。国土交通省には9時に到着。9時半過ぎまで待機。参加者全員そろったので入館です。10時から11時半まで、国土交通省との話し合いです。特に、豪雨による被災とその対策、住宅政策などを中心に要望です。福岡県からの参加者が地元の2級河川の堆積の現状を示す写真を提出、県が適切に対応するように省としての協力を求めました。西日本豪雨被災を受けた経験から、ダムの放流と水位、堤防の強靭さと高さなどの課題を明確にすること、要支援者への総合的な対応なども求めます。住宅政策の課題、住宅入居の対象について、単身者入居の要件は自治体で決めることになっていると省側は回答。住宅政策が地域づくりの観点が反映されていない現状をどう変えていくかという課題について、将来を展望していくうえでも総合的に地域デザインをまとめていく機能をもつ行政機構が必要では、と提起していきます。

お昼は、弁護士会館内の食堂でこの日のランチを。少し時間があるので、日比谷公園内を散歩。松本楼の近くのイチョウをパシリ。イベントしているところでコーヒーの立のみです。

午後、厚生労働省との話し合い。「就職差別のおそれのある面接」の件数は示してくれますが、その具体的な適示内容とその件数を示してほしい、と要請。「雇用保険日数の上乗せ」の行政上の誤りを指摘し直ちに廃止することを要請。「岡山市の福祉交流プラザにエレベーター」の要求に対して、省の地域福祉課の課長補佐さんは、今年度まだ予算が残っていること、来年度末までが国土強靭化対策も入れた予算で対応できるので、できる限り自治体から早く要請できるようにしてほしい、という趣旨の回答が。そして、多くの参加者から介護保険制度の報酬、利用料の在り方など、様々な角度から問題点を指摘し是正を要求です。

帰りも日比谷公園をあるきます。JR新橋駅にでて、東京駅経由で新幹線で岡山へ。そして吉備線で三門駅に着いたのが8時前でした。少し事務所で雑務。自宅にかえって、ホッと一息、ビールで晩ご飯でした。

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

決起と学習

|19年11月15日 |中島 |

13日、水曜日。

午後、国際交流センターへ。倉敷民商弾圧事件、禰屋町子さん支援の全国決起集会です。300人を超えた参加者、8階の会場はまさに立錐の余地がなく、少し遅れてしまった当方は倉庫の中で聞くことに。3人の弁護士さんからこの裁判の意味、取り組み状況、法廷内外でのたたかいの成果などを。支える会の全国の仲間からの発言、岡山県から県商工団体の福木さんも決意表明です。禰屋さんもより元気がでて、弾圧は抵抗を呼ぶ・抵抗は友を呼ぶ、と瀬長亀次郎さんの言葉を改めてかみしめている、と話します。

 

14日、木曜日。東京へ。全国人権連の「人権と部落問題セミナー」です。

後藤道夫さん、碓井敏正さん、二人の先生からの講演で学習です。

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

事業所合同会議、自治体訪問最終日

|19年11月13日 |中島 |

2015/11/11 6:42

11日、月曜日。いつものように新事務所へ。

雑務。県人権連の機関紙、地域と人権・岡山版の校正を早くすませて、母親の食料を買出しに走ります。大野辻のコープのお店で仕入れて関西町のアパートに届けます。運動公園近くのうどん屋さんでかけうどんで昼食。津島モール内のカットのお店で散髪。10分ほどで1100円と消費税アップのお値段。

新事務所に帰り、3つのみんなの家、ななくさ、だんだん、かるがもの管理者、ケアマネさんたちを中心に合同会議。今回から12人の会議です。介護保険を巡る情勢についての文書を読み合わせます。各事業所の利用者さんの動向、経営状況、新たな利用者さんに結び付くとりくみなどを論議です。1月からのみんなの家だんだんの独立と定員25名への増員、12月7日開催の「あなたとともに考える人権学習集会」での「映画・ケアニン」の上映と討論参加なども打ち合わせでした。

12日、火曜日。いつもより朝早く新事務所に。雑務。

7時40分に田中青年が車で迎えに来てくれて、一路高梁市へ。自治体訪問要請行動の最終日です。高梁市は、昨年の西日本豪雨災害の復旧が最優先の課題として位置づけて予算も組み立てていると話されています。こちらも、人権確立の観点からもそれが当然であり、積極的な対応が必要だと話します。

続いて吉備中央町、新見市、最後に新庄村へ。新庄村は約400世帯で930人、職員35人ほどの自治体。副村長さんは、高齢化率41.1%ですが決して孤独死はさせないと村民と行政が一体となって取り組んでいる、と話されます。人権にかかわる行政のとりくみはまさにいろんな課題にあり、特別な対応はかつてから行っていないのがわが村の特徴です、と述べられていました。小さくても輝く自治体として頑張っていただきたい、とこちらも応援のエール。岡山県庁まで約2時間かかるという位置ですが、来年11月7.8日の第16回地域人権問題研究集会にぜひ積極的なご参加をとお願いでした。研究集会の分科会の設定のうえでも参考になったこの日の自治体訪問でした。

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

米寿のお祝い

|19年11月11日 |中島 |

皆生・弓ヶ浜

10日、日曜日。母親の88歳の祝う旅の二日目。皆生温泉松濤園の畳の部屋、4時におきて1階ロビーへ。ロビーも真っ暗、仕方なく部屋に戻り、布団に。孫たちを起してしまわないようにまた静かに一階へ。朝5時からの大浴場に一番乗り。広い浴場で20分ほど体を温めます。7時から朝食。ハーフバイキング形式、中学1年生の男子はまあよくたべること、育ちだ盛りの食欲を目の当たりにみます。こちらも非日常の朝ごはんです。

短時間散歩。弓ヶ浜の海岸線を歩きます。かつて全解連備中地区主催の学習会が皆生温泉で開催され、時に参加させてもらったその時のホテルなども見て歩きます。なるほど、すてきな旅館でやってたんだな、などと。

 

 

みるくの里から大山を

松濤園を9時に出発、大山みるくの里、鬼女台というビュースポットなどで大山周りの秋を楽しみます。お昼に大山蕎麦を食べたかったのですが、行列ができていて断念。帰りの高速のドライブインで、日本蕎麦の昼食。それから高速道路を順調に走ってもらって自宅に帰ると2時半ごろでした。テレビをつけると、天皇代替わりのパレードの放映ばかり。BSをまわして、かぐや姫たちが野外コンサートをやっている番組をみながらしばし休憩。

新事務所へ。雑務。そして、翌日の、3つのみんなの家事務局合同会議のレジメづくりでした。

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

基本的人権がもっとも重要な憲法価値

|19年11月10日 |中島 |

2013/11/ 7 8:42

9日、土曜日。いつものように新事務所へ。

雑務。みんなの家ななくさの住宅さん、来所。みんなの家だんだんの25名定員へむけての人的配置にかかわりその合意づくりなどについて話し合います。

9時に出発。勤労者福祉センターで、民主県政をつくるみんなの会の総会です。丁寧な議案書と資料、代表委員のおひとりで事務局長の花田さんが用意してくれています。

記念講演は小畑先生。「地域政策づくりについて」と題して、「市民と科学者と政党の共同を模索して」のサブタイトルをつけられた内容。日本科学者会議岡山支部に「岡山県人権政策研究委員会」を設置する方向で取り組んでいること、研究テーマは「人権政策」研究で、基本的人権がもっとも重要な憲法的価値であるという認識であり基本視点においている。「政策」を検討していく必要がある、問題―要求―政策―政治というプロセスとして定式化できる、と続きます。そして、要求は、正当でかつ切実なものであり、その実現は立法化・条例化となること、個別の要求実現では普遍化された政策とはいいがたい、「政策」とは「要求」の政治的な「解決策」といえる。理念、目標、あるいは綱領などを個別にもつ様々な政党や市民団体が、具体的に練り合わせていくこと、そのこと自体に大きな意味がある。政党から独立した市民団体が政策提案を行おうとするならば、その判断基準は、日本国憲法であり、そのもっとも憲法価値が重要な基本的人権にあるといえる。などと続きました。

総会は、来年10月の知事選挙を踏まえて、政策委員会、組織財政委員会なども設置する決定内容になりました。

終えて、大野辻コープ近くの回転ずし屋さんへ。夜に魚介類をいっぱい食べるのに、と思いながらの昼食。新事務所経由で自宅に帰ります。母親の米寿の祝い、娘の家族なども来てくれて8人で一泊旅行に出発。この日は、皆生温泉、松濤園でお世話になりました。

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

« 前

QRコード/カウンタ

ご訪問番目

サイト内検索

最近の投稿

カテゴリー

リンク

提携機関

リンク2

記事カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

RSS みんなの家ななくさ

RSS みんなの家かるがも

メタ情報