みんなの会 岡山市北区下伊福西町1-53 ● みんなの家ななくさ 岡山市北区西崎本町1-7 ● みんなの家かるがも  岡山市南区浦安本町158

東京へ

|18年11月17日 |中島 |

15日、木曜日。

新幹線で東京へ。神田駅から会場へ。全国人権連の人権セミナー。

16日、政府各省交渉。当方は、午前が国土交通省、午後が厚生労働省に参加。

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

出張の前日

|18年11月15日 |中島 |

14日、水曜日。朝、歩いて新事務所に。まだ夜明け前、その冷気が身体と精神をひき締めてくれるようで気持ち良いのです。

雑務。みんなの家ななくさの住宅さん、来所。みんなの家ななくさの所有権移転にかかわる書類のことなど話します。前日の、利用者さんと一緒に行った秋の行楽、後楽園のことなどきかせてもらいます。事務局の安田さんと15日支給の給与支払書の点検です。

司法書士の先生、来所。ななくさの移転登記をしてもらうための手続き、最終段階です。

ポン友の息子さんから電話あり、気になったので協立病院へ走ります。時間帯で制約されていて、面会は今度にすることに。

新事務所に帰り、民主会館へ歩きます。県革新懇主催の代表世話人と各地の革新懇などの交流会です。安倍改憲NO・・3000万署名のとりくみが報告されます。

県人権連の事務所で、翌日から東京に出向いての会議、政府交渉のことなどでそれぞれ打ち合わせです。

新事務所に帰り、愛車タントできらめきプラザへ。浅田訴訟弁護団と支える会世話人会の合同会議。これで59回になります。12月13日高裁判決のことに関わり、さまざまに準備がいります。宣伝、申し入れのことなども含め協議でした。岡崎さんの自宅経由、そして岡山駅西口で車をおいて翌日の切符を購入し、自宅に帰ります。ビールを少しの夕食でした。

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

県との話し合い

|18年11月14日 |中島 |

13日、火曜日。朝、新事務所へ。

雑務。はなだ屋の女将さん、来所。釣り師のKさんが佐多岬で釣ってきたメバル、それを彼自身が煮付けてくれたもの、ことづかって持参してくれました。メバルならこんな程度の大きさのものを釣らなくてはというメッセージかな、とありがたく受け取るのでした。釣りに行けるぐらいに体調が回復したのか、とうれしい便りでもあります。

みんなの家ななくさの住宅さん、来所。この日は、ななくさとだんだん合同の秋の行楽。後楽園にいくその準備などをきかせてもらいます。

10時前に愛車タントで出発。前日訪れたが留守だったTさん宅へ。この日は電話をかけて自宅にいるのを確認です。目の回復具合をききます。しばらくは辛抱かな、と。つづいて協立病院へ。ポン友のH氏、ちょうど胃カメラの検査に行くところ。ほんとは検査が厭なんだろうなと思いながら、彼の息子さんと少し立ち話でした。

県立図書館へ。少し読書。真金堂のつめたい山蕎麦で昼食。

1時集合で、かつての三光荘、今の県庁分庁舎へ。県との話し合いです。県民生活部長さんと県教育長さんがそれぞれ責任者で担当課長たちが対応してくれます。県人権連と、人権と福祉にかかわる要求を一緒にまとめ上げた諸団体の幹部の人たちも参加してくれました。西日本豪雨被災を受けたその検証、具体的対策にかかわってボランティア活動の役割と行政姿勢、要支援者への行政としての対応、減災のための行政役割など、今回の被害を最大限教訓としていく立場で話し合います。

部落問題解決の到達点にかかわる対応では、課題として前年までは「インターネット上での差別書き込みが発生したり、結婚問題などて差別意識が見られたりするなど」と回答していたものが、今回は「インターネット上での差別書き込みが発生していることなどから、差別意識の解消が課題」と。「結婚問題」が削除されている、俎上から消えたので、その背景をあらためて聞いてみます。私たちが、県民意識調査の設問の仕方について問題あり、と指摘していたことを受けて、県民からの相談は有るものの、意識調査から導く結婚問題がありというのはなくした、というものでした。

生活保護利用とクーラー設置、給付制の奨学金制度、障害者雇用問題など、行政が本来的に力を注がなくてはならない分野で話が続きました。

夜は、関西町の「みんなの会館」へ。地元の地域人権運動の会の役員会に参加して、革新懇の旗開きの日程などを相談・確認しました。

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

新しい準備

|18年11月13日 |中島 |

2013/11/ 7 8:42

12日、月曜日。新聞は休刊日でさみしい朝です。いつものように新事務所へ。

雑務。わが町の町内会長さん、来所。10日にあった岡山市の道路拡張工事にかかわって地権者さんたちを集めての説明会に参加してきた、と話されます。概要をきかせてもらいます。

この日の夕方からの会議資料の準備です。10時過ぎに愛車タントで出発。協立病院へ。成年後見している99歳のNさんの退院です。入院費を支払、帰る特養のスタッフさんを待ちます。Nさん、若い看護師さんたちから、まだいても良いのよ、などと別れを惜しまれています。人気者の雰囲気です。別の病棟にいるポン友とはまたすれ違い。

帰り路、目の手術をしたTさん宅へ。ベルを鳴らしても出てこられない。電話をしても留守。たぶん通院かな、と理解します。長崎ちゃんめんで昼ご飯。半ちゃんが余分でした、お腹にこたえます。

新事務所に帰り、引き続き会議のレジメなどを準備。

3時から、みんなの家ななくさの2階の一部屋を使って、みんなの家事務局合同の会議です。8人参加です。前日の、スタッフ交流集会で得たことなど話し合います。利用者さんの利用状況、年末、年始の準備のこと、なども。終えてから、数人で、新たなスタッフさんを迎える諸準備の話し合いも。

暗くなってから、歩数を増やすために歩きます。7時半過ぎに帰宅。前日にいただいた、渡り蟹を肴に少しのビール。早めの就寝でした。

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

スタッフ交流集会

|18年11月12日 |中島 |

2015/11/14 6:52

11日、日曜日。朝、いつものように新事務所へ。

雑務。岡山マラソンで規制がされてい1時間もかかりました、と安田さん出勤。この日の「みんなの家スタッフ交流学習会」の資料づくりに集中。11時前に、民主会館の青年メンバーにメールで送信、印刷をお願いです。

歩いて、民主会館へ。この日の講師、公益財団法人認知症の人と家族の会岡山県支部副会長の景山富久子さんを迎えます。近くに来て、少し迷ったわ、と自転車の景山さん到着。持参してくれたメモリーから映像のテストです。

午後1時から、約30人が参加して、2018年度みんなの家スタッフ交流学習会です。

住宅さんが司会。自己紹介のあと、講演。「利用者さんの言い分に耳を傾けてみよう」と題して景山さんが話してくれます。DVDからは認知症の初期の段階でその認知症状況を自ら話される場面、認知症の身内を介護した人たちの発言、介護事業所の介護者さんたちからの発言などが映し出されます。初期認知症のTさん語録があるといいます。「私という人間を見てよ。(認知症のTでなく、Tという人間のなかに認知症もある、という視点)(足らないところ、かけているところに気付いてほしい)」、「私の言い分をきっちり聞いてください。(薬はコミュニケーションです、聞き上手になってください)」、「バカにしないでください。(安易に褒めないで)」。同じく認知症初期のNさんは、「私たちも覚悟しています。役割と生きがいを最後まで持っていきていきたい。」と。

かるがもの介護士Kさんから事例発表。利用者さんのパートナーがキーパーソンだと主治医からアドバイスを得て、利用者さんの生活を支援してきたこと、そのパートナーさんも今は新たな利用者さんとなっていることを柱の内容でした。

映画・ケアニンをみてきた二人から感想が述べられ、小規模多機能の良さ、介護の役割と働き甲斐などに思いが寄せられる映画なので、上映会をやろうという話に。

事業所スタッフアンケート 〇 あなたが介護の仕事で充実感をとても感じたこと 〇あなたが介護の仕事で心痛めたこと 〇利用者さんにとって、あなたが、あるいは同じスタッフさんが、発した言葉・対応で、とてもよかった、と思われたこと 〇反対に、利用者さんにとって、あなたが、あるいは同じスタッフさんが、発した言葉・対応で、寄り添った介護ではないんではないかと思ったこと 〇それぞれのみんなの家のチームとして、利用者さんへの接遇で、今の良いところを進める、あるいは問題点を改善する、そのためにはどうしたら良いか、提案を書いてください。

これに34人のスタッフさんが率直な意見を記入してくれていました。ほぼすべての記入内容を読み上げてみんなに紹介。景山さんから、貴重な財産ですよ、各事業所で大いに論議をされたら、という助言もいただきました。佐藤さんが閉会のあいさつ。

小規模多機能という一つの形態、とくに介護困難、家庭困難などの事例が集まりやすい医療・介護体制に政策的にされているなかで、私たちのより良い介護をめざす集団的奮闘が大切です。そのための役割をみんなで共有することへ一歩前進ができたスタッフ交流集会になったと思います。

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

打ち合わせ

|18年11月11日 |中島 |

10日、土曜日。朝、新事務所へ。

雑務。9時過ぎに事務所を出て、勤労者福祉センターへ。民主県政をつくるみんなの会の2018年度総会です。つぎの県知事選挙まであと2年の折り返し時点にたち、西日本豪雨被害を体験した県民として、県民要求に土台を置いた県政実現にいかに取り組むか大変大事な一年間になるとあいさつで訴えます。代表委員さんを6人からさらにお一人、自治労連の委員長に加わってもらい7人に。西日本豪雨対策と県政の課題、障害者のみなさんの切実な要求と県政課題、医療、特に国保問題、沖縄県でのオール沖縄の勝利と岡山県政、消費税増税をさせないとりくみ、憲法擁護義務をもつ自治体労働者と非正規化とのたたかい、など主な課題で報告討論がつづきます。

終えて、県立図書館に2冊の本を返却、また2冊だけ借ります。近くのうどん屋さんで昼ご飯。うどんが太い。

協立病院へ。マスクをしてHCUに。ぽん友の身内ですと。出てきてくれた看護師さん、もうHCUから出られて今は透析中、と。

東側らのコープのお店に。渡り蟹、小さなメスがゴムで縛ってあって約900円。買ってみます。

新事務所に帰ります。みんなの家ななくさ・だんだんの管理者の住宅さん、かるがもの管理者の佐藤さんと3人で3時半から打ち合わせ。翌日のスタッフ交流集会の資料など点検、すすめ方なども打ち合わせです。

 

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

« 前

QRコード/カウンタ

ご訪問番目

サイト内検索

最近の投稿

カテゴリー

リンク

提携機関

リンク2

記事カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

RSS みんなの家ななくさ

RSS みんなの家かるがも

メタ情報