みんなの会 岡山市北区下伊福西町1-53 ● みんなの家ななくさ 岡山市北区西崎本町1-7 ● みんなの家かるがも  岡山市南区浦安本町158

介護現場で人権を考える

|19年12月8日 |中島 |

2014/12/ 8 6:46

12月7日、土曜日。朝、いつものように新事務所へ。

雑務。みんなの家ななくさの住宅さん、来所。この日の午後からの人権学習に参加できるスタッフさん、利用者さんたちのことなど聞かせてもらいます。津山から早めに岡山にきたのでとFさん、来所。人権連活動の現状と課題など何かと話し合います。

11時半過ぎに事務所を出発。岡山市分庁舎前の駐車場に愛車タントを停めて、ラーメン屋さんで昼食。勤労者福祉センターに集合時間より早めに到着。準備の為に青年スタッフたちが到着し会場づくりです。

NPO法人地域人権みんなの会主催の「2019年度あなたとともに考える人権学習集会」です。映画「ケアニン・・あなたでよかった・・」が105分。当方は一度見ています。若者の介護への視点、人間の命とその尊厳に鋭く敏感に感じていく、集団の中での成長、家族の絆の再生を考えさせられたものでした。今回も改めて観賞して、現実の同じ小規模多機能の職場でよくよく課題となる話題を散りばめておられるな、と。スタッフのみなさんにとっても体験されているようなこともあり、集中してみられる内容だと思いました。若者の成長が生々しくて、夢を与えてくれます。

続いて、事例報告が3件。小規模多機能ホームのみんなの家かるがものKさんから「高次脳機能障害の事例」、小規模多機能ホームみえさんちの家のOさんが「その人らしさを支えるために ・・・終末期やりたいことリスト・・」、小規模多機能ホームみんなの家だんだんのSさんが「若年性認知症と共に歩む」、と題してそれぞれパワーポイントを使って発表してくれました。

かるがものKさんは、普通の方の免疫力は四分の一になっている利用者さんにたいして、服薬を確実に行う、通い時には声かけ、誘導などをきちんとしながら、本人のできることをして過ごす。本人の同意なしに物事をすすめない。在宅時には、本人のこだわりを理解し、予測のできない出来事に対し迅速に対応. 本人の行動で新たに対応したりする時はキーバソンの息子さんに連絡し相談する。.本人には、決して無理強いしない.そして、地域住民の方々に利用者さんの実態と取り組んでいることの理解を広めること、これらを総合的に取り組みたい、という内容。かるがもの職員です、と伝えるとその利用者さんの頑なさが少し緩くなるという、この間のとりくみの成果も出てきていると話されます。

みえさんちの家のOさんは、91歳の要介護4の男性の利用者さんのことを取り上げて報告。可能な限り在宅で過ごしてもらうこと、やりたいことリストを一緒に考える、などの支援内容をきちんと確認。やりたいことリストには、自宅で過ごし好きなお酒が飲める、妻の一周忌法要がとどこおりなくおこなえる、顔なじみの店員さんと挨拶を交わす、市政報告会でおでんとお酒を振舞うなど12項目。そのなかで、まだかつての仕事場のOB会に行けてないこと、行きつけの寿司屋でにぎりをたべる、この二つが実現できていない、と。

そして、「地域に貢献し信頼も厚く生きてきた背景が財産となり、家族、地域の中で知人や戦争を反対する仲間に支えられて生活を続けています。その人らしさを支えるために、リストを作成することで明確になり目標ができ評価することができました。事業所職員が同じ共通認識の上でその人らしさを支援することが大切と感じました。また人としてAさんから学び職員も成長することができました」とまとめてくれました。

だんだんのSさんは、ともに働いてスタッフさんが若年性認知症と診断されるなか、それでも本人・家族との話し合いの中で働き続けられる条件をつぐりに奮闘し、進行するなかで利用者さんとして迎えている事例を報告。本人の成育歴や家族のこと、職場スタッフと認知症についての理解を育んでいったことなど感動的に話します。そして、考察と今後の課題として、帰宅願望が強くなるなど精神的に不安定になることに対して、状態に応じて対応し、役割を果たしてもらいながら気分転換など一緒に行動することを前提にする。

そして、認知症とわかってからの職場の理解と葛藤、受診することによって家族の受け入れの変化、小規模多機能だからできる支援、これらを総括しながら、課題としては・本人の役割の継続、・本人自身が病状の受け入れができること、・地域に認知症の理解をしていただくよう伝えていくこと、・家族の負担軽減を図る、とまとめられました。

これらの事例報告対して、「やりたいことリスト」とその実現向けて、例えば故郷の加茂大祭に一緒にいってあげるなどほんとにすばらしいとりくみ、と感想を述べられる方、スタッフさんたちにほんとにお世話になっています、と語る利用者さん、などもおられて、会場は和んでいきました。

事例発表をしてくださった方々、また事業所で日頃から、その人らしく生きていくために寄り添い、最後まで生きて生き抜く人生を支えておられるみなさんに、まさに感謝の一日でした。企画して良かった、と思うのです。

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

後見制度

|19年12月7日 |中島 |

2011/12/06 10:41

12月6日、金曜日。いつものように新事務所へ。

雑務。朝早く、みんなの家だんだんの佐々木さん来所。前夜に4人で相談してまとめた、みんなの家だんだんの事例発表のデータ、持参してくれました。遅くまでみなさんご苦労様、と。

成年後見制度で保佐している84歳の女性、Mさんが入所している施設に走ります。入り口の事務所で利用料などを支払い、Mさんの最近の様子を聞かせてもらいます。どうもしっくりしないかな、という感じ。Mさんの部屋に行くとデイサービスに行かれていると言われてその施設へ。いつもの指導員さんが面談室を確保してくれて短時間の話し合い。ひと月前よりは表情が明るくはなっていますが、どこか施設内での生活に不安があるような感じがぬぐいきれないのです。年末にセーターを買ってくるからと元気づけますが・・・。

長崎ちゃんぽんのお店で、皿うどんで昼食。セルフのスタンドで満タンにして新事務所に帰ります。みんなの家かるがもから届いた7日の事例発表のデータ、民主会館の事務局に転送して当日のパンフのこと何かと話します。

前日食べ損ねたKADOYAのシフォンケーキが急にほしくなって歩るきます。かえって来て一つ食べて歯を磨いて、この日も歯医者へ。義歯の調整にに日にちがかかっています。

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

人権学習集会、会場は4階の大会議室に

|19年12月6日 |中島 |

2013/12/ 6 14:02

12月5日、木曜日。寒さが本格的になってきたと感じる朝です。布団からでるまで少しぐずぐず、あとはいつものように朝風呂で身支度。パンを池に投げ入れてから歩きます。この日も東の空に朝焼けが綺麗なのです。

雑務。みんなの家ななくさの住宅さん、来所。7日の人権学習の事例発表の準備状況などあれこれ。事務局の安田さんには、当日少し早目によろしくとお願い。大野辻のコープのお店に走り母親の食料を買って関西町のアパートに届けます。

新事務所に帰り、雑務。県政資料を集めて目をとおします。民主会館へ。事務局メンバーがばたばたしています。7日の土曜日の「あなたとともに学ぶ人権学習集会」の会場が勤労者福祉センター4階の大会議室になっていたことが判明。そこでの器機の設定なども変わってきます。

新聞社の記者さんと1時間余りの懇談。選挙と県政のことが話題です。率直な感じのする方でした。

新事務所にかえって、鍋の残り物を温め、雑炊にして昼ご飯。この日の夕方に予定していたかるがもの会議、構成メンバーのお一人が転んでけがをしてしまったので延期ということに。

県人権連の機関紙・地域と人権の記事を一つとりかかります。NPO法人地域人権みんなの会の7日の「あなたとともに学ぶ人権学習集会」のあいさつ文をまとめます。瀬戸のみえさんちの家の塩見さんから7日発表の事例内容がとどきます。内容が濃いのです。というか目標設定がきちんとされてその到達度をしめされているからわかりやすくもあります。当日の発表、楽しみです。期待が膨らみます。

夕方、事務所の1階のみんなの家だんだんの部屋で、7日のだんだんの発表のパワーポイントづくりに4人のスタッフがあれこれと頭を突き合わせています。みんな優しいのです。

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

インフルエンザ予防接種

|19年12月5日 |中島 |

2013/12/ 5 8:21

12月4日、水曜日。勤労者福祉センターで人前結婚式をあげて42年目の日です。いつものように新事務所へ。

雑務。夜勤明けのみんなの家だんだんの佐々木さん、来所。7日の人権学習集会、杉本さんが発表する事例発表のデータを持ってきてくれます。勤務前に池田さん、来所。年末調整に必要な書類を託ります。8時半過ぎに愛車タントで、コープ大野辻クリニックへ。まずは、血液採取。静脈が浮き出ていないため看護師さんが腕をぱちぱち叩いたりこすったり。一発で上手にいきました。そしてインフルエンザの予防接種。看護師さん、痛いですよ、後で腫れるかもなど。続いて医師の診察。血圧は正常、いつもの薬を処方してもらいます。1年前の大腸がん検診の結果を示す写真などが載ったペーパーをいただいたり。

朝ごはん抜きの血液検査だったので、クリニックの近くの喫茶店・青山へ。お客さんは女性が圧倒的。ポテトサラダや豆腐がとても素敵なサラダバーがあり、コーヒーはカップの2杯以上入ったポットでくれたり、ホットサンドは熱々で美味しいのです。お昼ご飯抜きで済む感じです。虹色薬局で薬をもらい、民主会館へ。県革新懇の事務局会議、40分遅れで参加です。「桜を見る会」問題、安倍首相の逃げ切りを許さないためのとりくみ、あれこれ。宣伝戦を強めようと具体化もはかります。

新事務所に帰ります。1時半すぎて、ポン友の連れ合いさん、来所。ポン友の、解放運動戦士墓への合同葬のこと、人権連も推薦団体になることなど話し合います。

歩いて歯医者さんへ。4か月に一度の定期的なメンテナンです。やはり歯茎の検査と掃除は痛いのです。義歯の調整も行います。

帰り道、スーパーに立ち寄り、この日の夕食の食材を買ってきます。結婚記念日だから、少しだけ贅沢に、渡り蟹を。しかし、ボイルして半分にしたもので我慢です。この蟹、生のおおきいものは3000円をゆうに超えています。そこまではちょっとやめておこう、と。

夕方、久しぶりに、みんなの会館へ。三門地域革新懇の幹事会です。総会と旗開きを、1月11日の土曜日、午前11時から開会しようと意思統一でした。「桜を見る会」問題、黙っておられません、とみなさんの声、大きくなっていました。

自宅に帰ったのが8時半ごろ。渡り蟹の卵、身も美味しかったのでした。

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

法人の第3回理事会

|19年12月4日 |中島 |

2014/12/ 3 6:44

12月3日、火曜日。朝、いつものように新事務所へ。

雑務。みんなの家ななくさの住宅さん、来所。この日に、ななくさ、だんだん、それぞれの職場会議が設定されていること、その前に相談しておきたいこともある、などと。この日は、月に一度の小畑先生による「青年学習会」。事務局の安田さんも含めた30代の若者5人が民主会館で、県人権連の県交渉の内容をもとに人権視点での学習会、とききました。

事務所に住宅さんとMさんが来所。1月からの体制上のことでよろしくとお願いです。残っている野菜類を使ってスープ作り。炊飯器で1.5合のお米を炊き、その炊き立てのご飯を使って野菜スープと卵をかけて少し煮て、雑炊をつくります。なかなか美味しいのです。

午後、ななくさの2階の部屋に出向いて1時間ほど読書。新事務所に帰り、この日の理事会資料、12部印刷です。

夕方、歩いて民主会館へ。寒いのでコートを引っ張り出します。30年前、ロンドンでかったアクア・スクュータム、さすがに襟首などが擦り切れて痛々しいのです。しかし、大事に使ってきたな、まだ捨てるのはもったいない、と。

6時からNPO法人地域人権みんなの会の2019年度第3回理事会です。理事12名全員が参加してくれました。経営状況を報告し、新たな挑戦としてみんなの家だんだんの独立と定員増数、みんなの家・友の会の設立の検討などを提起です。介護保険制度上の課題、利益に結びつかないけれども地域住民の安心に貢献できる取り組みと施設の在り方、なとも話し合われます。7日に迫った、あなたとともに考える人権学習集会、その成功めざして任務分担なども。浅田訴訟勝利後の岡山市の具体的な65歳問題への対応、大きな問題をクリアできていないということも出し合あわれ、到達度の確認が必要だと感じるのでした。

8時前歩いて新事務所に帰ります。少しメールなどをチェックでした。

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

事務局の任務

|19年12月3日 |中島 |

2013/12/ 4 8:55

12月2日、月曜日。あたたかい雨の朝です。この日も早朝の配りもの。終えて朝風呂で身支度、池にパンを投げ入れて新事務所へ。

雑務。早出勤務のみんなの家だんだんの池田さん、勤務前に顔を覘けてジャガイモを差し入れしてくれます。事務局の安田さんと短時間の打ち合わせ。9時過ぎて民主会館へあるきます。県人権連事務局メンバーに課題の提起。テンポを速めて方向性をまとめなくてはならない組織的課題のこと、岡山市で開催する第16回地域人権問題研究集会の地元実行委員会の事務局としての任務、年末・年始の課題などあれこれ。NPO法人地域人権みんなの会のとりくみとして、12月7日に開催する映画・ケアニンの上映会と介護実践の報告あなたとともに学ぶ人権学習集会、3日の理事会などについても準備や役割など確認です。

新事務所に帰ります。自宅から持参の炊き込みご飯で昼食。昨日に作った親子丼の具は薄めてまた味付けしてスープにします。そのスープを小さなタッパに入れて母親のアパートへ歩きます。

午後、ソファに座って新聞を読みながら午睡。身体をシャキッとさせようと高柳の銀行まで歩いて現金を引き出しです。成年後見制度て保佐している84歳のMさんの通帳記帳も済ませます。4時過ぎ、その現金を持って知り合いがいる事務所へ。一緒に沖縄に行った森脇さんに写真を手渡します。青年活動へのカンパも。日中友好協会の小林先生とあって、「残留日本孤児」3世の方が介護事業所を開設したいと勉強中なのでアドバイスを宜しく、とたのまれます。保育園の園長の連れ合いさんからは、保育・学童保育関係予算の増額などを求める署名をしてほしいと言われ、それならばと署名用紙を数枚持ち帰りました。

帰り道、東川原のコープのお店にまわり、夜の食事のおかずなどをあれこれ。新事務所に帰ります。民主県政をつくるみんなの会のとりくみ、この数年間の文書に目をとおして組織的活動の経緯を頭の中に確認です。

この日届いた厚生労働省からの資料、平成30年度家庭支援推進保育事業の実績値について岡山県内では岡山市だけが交付されている、その数13人、全国では372人、そのことをこの日の人権岡山の会議に報告しておいてほしい、なとど連絡を入れます。

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

« 前 次 »

QRコード/カウンタ

ご訪問番目

サイト内検索

最近の投稿

カテゴリー

リンク

提携機関

リンク2

記事カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

RSS みんなの家ななくさ

RSS みんなの家かるがも

メタ情報