みんなの会 岡山市北区下伊福西町1-53 ● みんなの家ななくさ 岡山市北区西崎本町1-7 ● みんなの家かるがも  岡山市南区浦安本町158

術後も大丈夫

|18年11月10日 |中島 |

2014/11/13 6:21

9日、金曜日。朝、新事務所へ。

雑務。事務局の安田さんと11日のスタッフ交流集会の件など少し打ち合わせ。1階に降りてみんなの家だんだんの利用者さんのお一人、浅田達雄さんの障害者総合支援法のマネジメントの在り方などで相談しているみなさんに、浅田さんの要望・希望の実現のためによろしくとご挨拶。

協立病院へ走ります。ポン友の手術、大丈夫かと気になるところ。手術室の控え場所にいる家族のみなさんから様子を聞かせてもらい、まずはひと安心。

釣り具のお店の隣の中華料理店で中華丼ぶりで昼食。

新事務所に帰り、歩いて民主会館へ。岡山県地域人権問題研究集会2019の分科会について、西日本豪雨災害にかかわる合同分科会を提起していく中で、その分科会責任者会議。この日は小畑隆資先生と、第1分科会・人権、第5分科会・地域の責任者とあわせて3人の会議に。

合同分科会を「西日本豪雨災害と基本的人権」(仮題)とすること、「市民による人権政策提案」を目指して、をすべての分科会での基調とすることなどをあらためて確認し、2012年開催からの内容の発展などを話し合います。20日の今年度3回目の実行委員会会議の前に事務局会議を開催することも。

終えて、新事務所に帰ります。少し休憩。大学病院で眼を手術したTさんからとりあえず退院したよ、と連絡が。朝、手術したポン友の相方さんに電話、術後の様子を聞いてホッとなるのでした。

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

病院へはしります

|18年11月9日 |中島 |

2015/11/11 6:42

8日、木曜日。朝、いつものように新事務所へ。朝、散歩を兼ねて、遠めのコンビニまで出かけて母親の食材を手に入れます。一度事務所に帰って雑務。また歩いて母親のアパートへ。あわせて30分あまりの散歩、汗が出ます。

雑務。みんなの家ななくさの住宅さん、来所。ななくさの2階の使い方なども話し合います。11日のスタッフ交流集会の講師、認知症の人と家族の会のKさんに連絡をとります。当日の映像を映す器機の準備などで相談です。

民主会館へ車で。県人権連の会議です。当面する課題の県との話し合いの重点内容の確認、参加体制など改めて確認。西日本豪雨で被害を受けた女性から河川整備のずさんさも話されます。次期総会の日程なども決めていきます。

終えて、美作市から来てくれたSさんと話し合い。萩原市長の市政運営の特徴なども聴かせてもらいます。組織づくりと活動のある意味で転換をはかる、そのための体制づくりと意思統一が大切ですね、などと話ます。

大安寺のうどん屋さんへ、吉岡・人権連事務局長の古い車で。

午後、民主会館で、「地域と人権・岡山版」の最終校正に少しお手伝い。大学病院へ走ります。6日に見舞ったTさん、回復具合が心配でこの日も訪問です。目の見え具合もまだまだ、退院も延びたといいます。深刻に考えず受けた手術、思わぬ進展に戸惑いもします。

協立病院へ。まず成年後見している99歳の女性、Nさんの部屋へ。腕などに点滴の処置もなく、右向きで寝ています。看護師詰所によって状況をききます。医師からは退院の許可が出ている、という話。ワーカーさんに電話して、その見通しなどもきいてみます。ポン友のH氏の部屋も覘いてみます。風呂上り、顔そりの最中ということで、また明日、と帰ります。

渡り蟹が食べたくなって魚屋さん2軒訪問しますが、いないのです。デパートの地下なら、と出向いて、茹でた小さなもの見つけます。オスだから迷いますが、この辺で妥協。760円でゲットして夜の肴となりました。

この日、視覚障害者友の会の岡崎茂明さんから、パートナーの起恵子(たえこ)さんのお母さんが特養・中野けんせいえんですごしていたのですが87歳で亡くなった、自宅で見送りました、と連絡でした。合掌。

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

事務所で諸準備

|18年11月8日 |中島 |

2013/11/ 7 8:41

7日、水曜日。朝、新事務所へ。

雑務。前日に続いて、吉岡事務局長に迎えに来てもらい、ボランティア・NPO会館に出向きます。この館の2階、公益財団法人認知症の人と家族の会岡山県支部の事務所を訪問。会長さんや、この11日開催のスタッフ交流会で話していただく副会長さんはお留守。事務所の女性の方に12月1日開催の学習集会のチラシ、後援いただいてその旨記載させてもらっています、と話します。

新事務所に帰ります。事務所でカレーをつくり昼ご飯。当面の課題で諸連絡です。翌日の県人権連の会議資料、「地域と人権・岡山版」の校正、13日の県との話し合いの回答原案の周知と参加体制の確認、11日のスタッフ交流集会の内容整理など、何かと準備でした。

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

要請にまわります

|18年11月7日 |中島 |

2014/11/ 3 6:54

6日、火曜日。朝、新事務所へ。

雑務。みんなの家ななくさの住宅さん、来所。小規模多機能の利用者さんの生活を守るうえで行政との対応など、課題をさらに聞かせてもらいます。

NPO法人地域人権みんなの会の理事の一人、県人権連の吉岡事務局長の新しい車で、林病院と協立病院近くの医療生協を訪問。12月1日の「あなたとともに考える人権学習集会」の参加要請です。林友の会では事務局次長のSさんに話します。公益財団法人林精神医学研究所の専務さんはお留守。事務員の方によろしくと託けます。医療生協ではかつて三門診療所で事務を担当してくれて今は岡山医療生協専務の和田さんと面会。今回の講師、磯部さんの紹介から、同級生に結び付き、卓球仲間であった彼の義兄夫妻にもよろしくなどと。医療生協労働組合の事務所では、ポン友の息子さんが書記長。先日の介護を取り扱った映画「ケアニン」はとてもよかったよ、と話します。そして、映画の舞台であった小規模多機能ホーム、その小規模からの報告もあるから組合員の方たちの参加よろしく、とお願いでした。

昼ご飯を、セルフうどんの老舗、名玄で。当方は蕎麦の温かいものいただきです。

そして、民報や赤旗にも紹介報道してもらおうと事務所に訪問。赤旗祭りで商ったサンシャインビーフ、美味しかったでしょうと話すと、高いお肉だわ、が一番の返事でした。

一端事務所に帰ります。

岡山大学病院へ。目の手術を2日に行った人権連役員のTさんのお見舞いです。部屋にたどり着くまでも大変です。部屋を問いかける場所までが相当距離があります。やっと見つけた入退院受付では、患者の住所、年齢、その方とどういう関係ですか、とまずきかれます。言われた階まで上がり、その詰め所でも、関係は、と聞かれます。Tさん、顔色は良いのですが、肝心の目が気がかりです。手術したほう、レーザーで処置しているほう、どちらも、今の段階はよく見えない、と。半月ぐらいは運動に参加できないかも、と話されます。

歩く距離が足りないので、夕方運動公園へ。懐かしい県営球場ではナイターで試合をしていて、保護者の人たちが応援に駆け付けていました。

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

整形外科へ

|18年11月6日 |中島 |

2015/11/ 8 8:39

5日、月曜日。朝、新事務所へ。

雑務。9時過ぎてから民主会館へ。第1月曜日の朝、NPO法人地域人権みんなの会の事務局会議です。10月30日の理事会の審議内容を確認。そして11月11日のスタッフ学習交流集会、12月1日の市民対象の学習会、それぞれその具体的な任務も話し合い確認。

つづいて県人権連活動についてこちらから気になる課題、提起です。2020年の10月に行われる知事選挙、その日程を考慮しながら人権連の取り組みなども設定すること、話し合います。

終えて、整形外科に。腰と首の牽引、気持ち良い感じになります。4種類の薬、3週間分処方してもらい、2330円の支払です。

午後、新事務所へ。入院している人たちが気になり、また民主会館へ。そして、まずは協立へ走ります。成年後見制度で後見している99歳の女性、Nさん。来週には退院できる、今は流動食を食べられている、と聴き一安心。ポン友のH氏の部屋にも寄ります。ちょうど担当医さんもおられて、手術の日程通り、今度はやれるように、と話していました。前日、午後開催の映画「ケアニン」を夫婦そろってみたんよ、とききます。政治や体調の話も。またくるよ、と退室でした。目の手術で入院しているTさんには翌日に見舞うことに。

帰り道、よりみち、道草です。表町商店街を歩きます。丸善で文庫本2冊を。天満屋の地下でこの夜の食材を手に入れます。

新事務所に帰って、買ってきた本に少し目をとおします。お腹が、ぐーとなり、自宅へ。買ってきたコロッケなどと、前日の釣り例会で釣った小さなメバルたちを空揚げにしてくれたものをおかずに夕食でした。

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

管理者さん

|18年11月5日 |中島 |

4日、日曜日。朝、まだ薄暗い中、歩いて新事務所へ。

雑務。みんなの家ななくさとだんだんの管理者、住宅さん、来所。利用者さんの経済状況と市役所の対応など、きかせてもらいます。行政上の基本的な課題をメモ書きでもまとめて、とお願い。政府各省交渉などにも生かさなくては、などと。

9時半過ぎに出発、医療生協会館・コムコムに。医療生協労働組合などが主催した、映画「ケアニン」の上映会です。男性青年が小規模多機能ホームで働き出し、認知症の利用者さんとの日常的な生活、そして別れについて、生きていくことのまたその支援のあり方の大切さ、それを通じての家族や介護者本人、仲間たちの様々な想い、考えさせられるものでした。

終えて、新事務所に帰ります。冷凍物を温めて昼ご飯です。みんなの家かるがもに走ります。今年4月から正規職になってくれた若い女性スタッフさんと正規職としての立場と賞与支給の仕方について提案、話し合いです。管理者さんとは別件で事業所の発展をめざしての話し合いでした。

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

« 前 次 »

QRコード/カウンタ

ご訪問番目

サイト内検索

最近の投稿

カテゴリー

リンク

提携機関

リンク2

記事カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

RSS みんなの家ななくさ

RSS みんなの家かるがも

メタ情報