みんなの会 岡山市北区下伊福西町1-53 ● みんなの家ななくさ 岡山市北区西崎本町1-7 ● みんなの家かるがも  岡山市南区浦安本町158

コロナ禍、新たな視点で

|20年04月6日 |中島 |

2014/ 4/ 7 6:40

4月5日、日曜日。前夜目覚ましをかけずに就寝したけれどいつものように5時に起床。朝風呂で身支度、池の鯉にパンを。朝6時開店の桑田町の木村のパン屋さんへ。サンドイッチなどを買って新事務所へ。

久し振りに、岡崎茂明さんから電話。中山武敏弁護士の「人間に光あれ」を朗読してもらいそれをデータ化し、図書館に登録、それを11時間かけてきいた、という話。副題が「差別なき社会をめざして」となっています。解放運動の歴史的な評価の話にもなります。

雑務。みんなの家ななくさの住宅さん、来所。コロナ対策で、ホームとして三門公園で行っている花見にも今年は分散したり長くいないように気づかい。こんな状態がいつまで続くのか、なかなか・・・。テレビ、関口宏のサンデーモーニング、日総研の寺島さんあたりは、何百年に一度の出来事、大国の覇権主義では地球はまもれない、各国の本当の連帯が必要、などと言われていて、改めてことの重大さを考えてみることに。

澤藤統一郎弁護士のブログは、専門家への信仰はやめ、その言を吟味しよう、と以下述べています。「コロナおたく」を志そう。「感染症マニア」になろう。その道の専門家になる必要はないが、専門家の説明を正確に理解する能力を身につけよう。それ丈でなく、専門家の言を問い質す力量を身につけなければならない。そのために、基礎的な知識が必要なのだ。誰かの指図を鵜呑みにし受け入れるのではなく、自立した主権者として自主的な判断をするためである。面倒でも「おたく」「マニア」となろうではないか。

サンデーモーニングで白鴎大学の女性専門家は、疫学的な観点では人の接触をとめることが一番、しかし政治的には私はわからないと述べていました。

マスクをして、ガソリンスタンドで満タンにして、東川原のコープのお店で食料を購入。新事務所に帰り、野菜スープを温めて母親のアパートへ。ちょうど昼ご飯に間に合いました。

午後、午後からの勤務のだんだんの池田さん、来所。民医連退職者の会のとりくみも次々と中止・延期になってしまう、という話。

夕方、玉野市の日出海岸へ。この日は大会でもあったのか大勢のルアーマンが渡船を利用しています。海ならコロナ感染は大丈夫だろうと、釣りクラブの例会に参加、しかし風が強くてみなさん貧果でした。

記事分類 NPO人権みんなの会記録 | コメント 0 »

コメントをどうぞ

コメントのおとりあつかい  いたずら防止などのため、お預かりしたコメントを公開前に拝見しています。

QRコード/カウンタ

ご訪問番目

サイト内検索

最近の投稿

カテゴリー

リンク

提携機関

リンク2

記事カレンダー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

RSS みんなの家ななくさ

RSS みんなの家かるがも

メタ情報